トップ >> シンケンの考える不動産
土地情報検索
シンケンの住まいづくりは、敷地の持つ条件を細かく検討し、その欠点を解消し、長所を引き出すことを大切にしています。ですから、その土地の良し悪しは「住まいが建った状態で、その住み心地で」決定されるべきだと考えます。
「日当たりがいい」とか「地形がいい」とか「変形だ!」と一喜一憂するのは、土地だけを見た場合の評価の仕方です。是非、「この土地に果たしてどんな家が建つか」「住み心地はどうなるだろうか」といったところまで、踏み込んで考えてみて下さい。 そうすると、土地が高価である事や広い事は、必ずしもいい家をつくるための条件ではないし、狭小地や変形地でも、設計の工夫次第でとても居心地のいい場所に出来ることに気づかされます。
シンケンでは、住まいづくりのプロとしての観点から、設計プランまでを見据えた上での土地のご紹介や、土地・建物の総予算を考えたご提案など、その土地の価値を十分に理解して頂く為のお手伝いを、心を込めて対応させて頂きます。
シンケン以外の住宅会社での建築を予定している場合でも、是非、土地探しについてご相談下さい。 一級建築士の松山が、『なるべく土地代を抑えて、建物に多く予算を使いたい』等のご要望に全力でお応えいたします。
 
一般的に建築が難しいとされる土地に建つ家
不動産担当の松山のもとへは、毎日沢山の土地情報が入ってきますが、このホームページ上では「シンケンの家を建てるにふさわしい土地か?」という観点から見て厳選した土地だけを紹介しています。そのため、紹介できる土地の数には限りがあります。
もし、お探しのエリアの土地情報がホームページ上に無い場合は、お気軽にご相談下さい。ご希望を細かく伺いながら、重点的にそのエリアの土地情報の収集をさせて頂きます。
 
理想を適えるお手伝いをします
よくいわれるように、躯体(スケルトン)が丈夫で長持ちすることは、その家の資産価値を考えるうえで、とても重要なことです。しかし、その視点だけでは、実際にそこに暮らす人の立場に立っているとは言えないかも知れません。
シンケンの家づくりは、その土地の持っている良さをどう生かすかを重視し設計を行います。
生活し易い間取りの検討はもちろん、建物や窓、植栽の配置、建材の選定に至るまで、「居心地のよい家づくり」のためには努力を惜しみません。人間の感性に訴える、こうした数値化することの出来ない要素こそが、住宅の真の意味での「資産価値」を考える上では欠かすことの出来ないものだと考えます。
普遍的な「居心地のよさ」を追求したシンケンの住まいは、真の「資産価値」を有する家である、私たちはそう確信しています。
 
居心地のよさは資産価値に繋がる